ようこそゲストさん

CR-Z Special Blog :: 株式会社テイン

2010/03/11(木) CR-Z 車高調 開発完了

開発情報
CR-Z_IMAGE.JPG
まずは、ローダウンにより精悍さを増したこのスタイリングをじっくりとご覧あれtp145_up
MONO FLEX(試作品)装着で、フロント/リアともに40ミリダウンの状態となります。

CR-Z_IMAGE2.JPG
リアから見ても、カタマリ感が増して良い雰囲気を醸し出していますね〜
ちなみに、まだカラーリングがされていない状態のデモカーを見れるのは今だけ・・・貴重です。

SETTING_3.JPG SETTING2.JPG SETTING3.JPG
MONO FLEXのテスト中にフロントダンパーを仕様変更している図。
ベテランの開発スタッフが慣れた手つきでスピーディ&確実に組んでいきます♪
そして様々なステージをじっくりと走り込みながら、とことん仕様を煮詰めました。

DAMPER_Ft.JPG DAMPER_Rr.JPG MONO_FLEX.JPG
MONO FLEXの試作品画像です。
量産仕様のスプリングレートは、フロント/リアともに5.0kとなる予定です。

そして気になる乗り味・・・

まず、ノーマルでじっくりと走りこんだ印象は
ボディロールは、フロントよりもリヤが大きいものの
非常にスタビリティが高く、めったな事では破綻をきたす事が無いのです。
また、やや短めのホイールベースとあいまって、ステアリングの蛇に対して
素直に曲がってくれ、ワインディングも軽快に楽しめる優等生♪
低速走行時、角はたっていないものの、若干のコツコツ感を感じる・・・
ステアリングレスポンスも、少々あまめ・・・

そこで、テインは・・・
ノーマルの良いところを上手く生かしつつ、ノーマルには無かったスパイスをプラス!
というと、曖昧なので・・・
前後のロールバランスを自然なフィーリングに近づけるようCR−Z専用に設計したスプリングを使用して
スプリングレートの最適化を図り、リヤのスクォート(沈み込み)を低減して、より軽快なハンドリングを実現。
また、レートアップによる不快な突き上げが出ないよう、
単筒倒立構造を持つMONO FLEXに、拘りのエンジニアがCR−Z専用のショックチューニング!!
ここに、テインならではのノウハウが生きているんですねぇ〜

その結果出来上がった CR−Z専用MONO FLEX
中低速走行時などの街中での快適性を保ちつつ、ハイスピードクルージングもさらっとこなし
ワインディングを意のままに操る事を可能にした、マルチプレイヤーに仕上がりました!!
しかも、EDFCにも対応するので、室内から減衰力調整ができてフルにその性能を味わえます!!
長距離乗っても疲れを感じさせない、素直な優等生っていう感じですね



RPF1_typeII.JPG RE-11.JPG
開発に使用しているタイヤ&ホイールは・・・
 タイヤ:BRIDGESTONE POTENZA RE-11 205/45-17
 ホイール:ENKEI RPF1 type 17×7.0J インセット48
ハイブリッドスポーツCR−Zに相応しい、スポーツタイヤ&軽量ホイールの組み合わせですtp087_scissors

では、CR−Z用アイテムの予定スペックをご案内しましょう☆

【車高調整式ショックアブソーバ MONO FLEX
 単筒式構造  全長調整式  16段伸/縮同時減衰力調整式
 スプリングレート フロント:5.0k リア:5.0k
 基準ダウン量(ノーマル比) フロント:-40mm リア:-40mm
 ★もちろん室内から減衰力調整が可能なEDFCに対応!
  これでどんなステージにも瞬時に対応できます。


価格、その他の詳細スペック等については決まり次第順次アップしていきますので、
もうしばらくお待ちくださいね〜♪♪♪

TEINの足回りを装着することで、CR−Zがより一層楽しくなること間違いなし!

【スギ&企画のヒゲ】