HOME >> 製品紹介 >> ピストンロッド自動外観検査機
ピストンロッド自動外観検査機
ショックアブソーバには致命的なオイル漏れ。
その原因となるピストンロッドの傷、ピンホール、打痕などを、
超高精度に検出!
ピストンロッドの外観検査で悩んでいませんか?
人による目視検査には限界がある・・・
・ツメの引っかかり具合などの感覚では、検査員によって判定にバラつきがでる
・検査員の疲れ、体調、集中力により検査精度が低下する
・納入元または納入先との共通した品質基準の共有が困難
など・・・
テインではこういった問題を解決するため、
超高精度のピストンロッド自動外観検査機を開発しました!
ピストンロッド自動外観検査機 4つの特徴
1. [超高精度の外観不良検出]
線傷、ピンホール、打痕、スクラッチなど、ピストンロッドの様々な外観不良を超高精度に検出します。
2. [任意に設定できる多様な検出性能]
多様なアルゴリズムで様々な条件、レベルの外観不良を検出可能。
・ピストンロッド用、倒立式インサートパイプ用のアルゴリズムを標準装備
・アルゴリズムは任意に設定が可能
3. [本体は徹底的にシンプル操作、簡単段取]
多品種少量生産のテインで考えつくされた、非常にシンプルな操作性と簡単な段取り。
・ピストンロッド径の変更はセレクトボタンで選択

本体の操作系ボタンはこの4つのみ
・端面検出機能により、工具を使用した面倒な段取り作業やL寸入力などは一切不要

検査品をローラーユニットの上に置くだけで検査開始
・検査開始はフットスイッチ  
4. [安心のアフターサービス]
検査機を制御するパソコンはROM化し、万が一の故障時の対応性を考慮。
外観不良検出の様子
1. [ピンホール]
マイクロスコープの画像
検査機が捉えたピンホール

サンプルでは0.15mm×0.15mm以上、および0.15mm未満0.03mm以上のピンホールを
NGとして検出するよう設定



サンプルでは上記画像のように、10mmx10mm四方に3個以上のピンホールが有る場合も
NGとして検出するよう設定
2. [線傷]
マイクロスコープの画像
検査機が捉えた線傷

サンプルではシャープペンシル先端より0.5mmHB芯を1.5mm出して、
ひっかかりのある傷をNGとして検出するよう設定

3. [スクラッチ]
マイクロスコープの画像
検査機が捉えたスクラッチ

サンプルでは線傷同様、 シャープペンシル先端より0.5mmHB芯を1.5mm出して、
ひっかかりのある傷をNGとして検出するよう設定
 
4. [打痕]
※ここでいう打痕とは表面を押したような傷で、表面にメッキが残っている状態のものを指します。
  打痕は正常な表面部分との輝度差が少なく 検出難易度が高くなります。
  そのため打痕の検査はピンホール、線傷などとは別に、専用の検査モードを設けています。
  打痕モードONの場合は、通常の検査時間のおよそ2倍(φ12.5-L200で約43秒)
マイクロスコープの画像
検査機が捉えた打痕


外観不良検出の原理
外観不良検出の基本原理は、撮像画面を2値化で処理し、濃淡値差がある部分を傷として判別する。
従来は表面の小さな傷を検出するために濃淡値検出レベル(しきい値)を下げると 、
表面の油膜やゴミを傷として誤検出してしまう傾向があった。
外観不良の種類ごとに検出アルゴリズムを設定することで、外観不良だけを超高精度で検出可能とした。
■外観不良の検出には
1) 検出アルゴリズム
2) 撮像画像の2値化処理(暗欠陥)
3) しきい値設定
4) 局所平均化
5) 外観不良部の高さ
6) 外観不良部の幅
7) 外観不良部の面積
8) 矩形連結
これらを組合せて、外観不良を検出する
端面検出機能
矢印部のように、メッキ部とそうでない部分の濃淡値差を利用し、
検査範囲を端面検出カメラで自動的に検出する。
リバンプ・ストッパーの有・無も、この機能によって検出可能。
端面検出機能は、段取りを省力化するための重要な要因のひとつである。
検査結果画面
検査機本体に装備されているモニターには、常に下のような画像が表示される。
[1] 外観不良リスト情報
  外観不良の「位置mm」「横mm」「縦mm」「面積pixel」データ。面積は外観不良の大きさをpixel数で表示。
  横と縦は1画素( 1pixel ) =6.74μmから換算したデータ。外観不良が複数ある場合は、それぞれのデータを選択して確認可能。

[2] カメラ撮像画像
   検査中のピストンロッド表面画像を、リアルタイムで表示(2値化処理画像)。

[3] 実際に検出した傷
  画像では周辺との輝度差があり、波形グラフには乱れがあらわれる。

[4] 傷の位置
  波形グラフの下の数字は、ピストンロッド先端からの距離を示し、傷がおよそ80mmの位置にあることを示す。

[5] データ保存
  データはOK、NG問わず自動保存。「NG確定保存」を押せばフォルダを分け保存も可能。
  データ保存容量=約20,000本分
  ※外観不良の数(画像枚数)により保存可能なデータ量は変わります。保存したデータはUSBメモリにて取出し可能。
手動機タイプ概略図
【オプション】
仕様
■ 設備仕様 ■
検査直径(mm)  φ12.5 ~ φ56 (硬質クロムメッキ後) 
  ※φ12.5以下、検証のうえ対応判断 
検査L寸 (mm) 80 ~ 600 
設備主要寸法 1300×700×1725.2 
本体質量(kg) ≒350kg 
電源仕様 日本 単相100V 50HZ / 中国 単相220V 50HZ 
検査方法 ROD回転 画像処理 傷検出 
検査カメラ BASLER社製 シャッター速度 1/5000秒 
1画素(pixel) = 6.74μm 
Resolution 2,456×2,058 = 500万画素 
レンズ モリテックス社製 
端面検出カメラ BASLER社製、レンズ モリテックス社製 
品物 set方法  基本仕様 手動 
OPTION にて自動ローディング機 
その他標準仕様 三菱製PLC 、IAI製 ロボシリンダ 
ORIENTAL製 ROD回転モータ 
KEYENCE製 安全エリアセンサ 
シグナルタワー / 埃除けエアブロー装置 
OK,NG ブザーお知らせ機能 
自動データ保存 (USBで取出し可能) 
■ 生産性スペック ■
 タクトタイム 
 φ12.5 検査L寸 200mm 17 秒(※43秒) 
 φ22.0 検査L寸 200mm 24 秒(※54秒) 
 < 周速 64mm/ (※周速7.5mm/sec) > 
※打痕傷検査モードをONにした場合の時間と周速。 
 打痕傷の性質上、ピンホールや線傷より検出に時間を要します。 
★注意事項  
本設備で傷検査を開始する前に 品物表面に 
付着した油分、ゴミは清潔に取り除く必要があります。 
 
一番初めのページに戻ります このページの一番上にもどります