HOME >> 製品紹介 >> EDFC ACTIVE
EDFC ACTIVEはショックアブソーバに取り付けられたモーターを車内からコントロールすることで、運転席に座ったまま減衰力調整を可能とした電動減衰力コントローラです。コントローラに内蔵されたGセンサにより走行中の加減速Gに応じた減衰力の自動調整を実現。
さらに、別売りのGPSキットを追加することで車速に応じた減衰力の自動調整も可能とします。

※本製品は車高の調整はできません。
EDFC ACTIVEのユーザーズボイスはこちら
EDFC ACTIVEおよびEDFC ACTIVE PROユーザー様限定の コミュニティページ(みんカラグループ)です。
情報交換やセッティングの共有などにぜひご活用くださいませ。
EDFC ACTIVE専用のセッティングシート(ExcelおよびPDF)もございます。下記よりダウンロードしてご利用ください。
モータージャーナリスト橋本洋平氏がEDFC ACTIVEを試す
※本記事はXaCAR編集部様に掲載の許諾を得ております。
※青文字をクリックすると、詳しい説明にリンクします。
より積極的な減衰力制御
従来の機能を踏襲した「マニュアルモード」に加え、走行状況に合わせたより積極的な減衰力コントロールを実現するために、2つの自動調整モード「加減速G感応自動調整モード」および「車速感応自動調整モード(GPSキットが別途必要)」を搭載。さらに2つの自動調整を組み合わせた「加減速G感応+車速感応 統合制御(GPSキットが別途必要)」も可能です。 減衰力調整段数は「16段/32段/64段」の3種類からお選びいただけます。
取付配線作業の簡略化
前後に配置したモータードライバユニットとコントローラユニット間をワイヤレス通信とし、配線作業の簡略化を実現しました。また、周囲の明るさはコントローラ内蔵の光センサーで、車速は別売りのGPSキットから検出することで、全てのセンシングをコントローラで完結。車両との配線は電源のみとシンプルで、あらゆる車両への装着も可能です。コントローラは設置しやすいサイズとし、配線の取り回し性も考慮したデザインとしています。
高い視認性と操作性
大型ディスプレイにより高い視認性を確保し、ダイヤル式オペレーションシステムを採用することで操作性を向上させました。
便利な付加機能
ディスプレイ色変更やG表示機能に加え、別売りのGPSキット装着によって車速、高度、緯度経度、トリップメーター、時計といった様々な表示機能を備えています。
さらなる拡張性
コントローラ1機で最大8個のモーターを制御可能。モータードライバユニットを追加することで伸縮別調整式ショックアブソーバへの対応を可能とします。
EDFC ACTIVEの動作モード
●マニュアルモード
ダイヤル一つで前後の減衰力を任意の段数に調整できます。最大10パターンのプリセットメモリ機能を搭載。シチュエーションに合わせてお好みの段数に切り替えが可能です。
【マニュアルモード使用例】
●加減速G感応自動調整モード
加減速Gの大きさに応じて減衰力を自動制御。設定したG(最大10メモリ)に達した段階で減衰力を調整する「Gアレンジモード」と、各メモリ間の空白を自動的に補完し、Gに対しリニアに減衰力を調整する「Gリニアモード」を選ぶことができます。
例えばストリートでは、一定速度で走行中は減衰力をソフトにして路面の凹凸をスムーズに吸収、加速/減速の際は減衰力をハードにして車の動きを抑え、乗り心地と操縦安定性の両立を図ることができます。また、サーキットではブレーキング時の安定感を増すようなセッティングに加えて、加速/減速の程度に応じて前後の減衰力バランスを変えることで、アンダーステア/オーバーステアのセッティングを行うことが可能となります。
【G感応制御イメージ】
【Gアレンジモード制御例(調整段数モード:32段)】
マニュアルモードで選択している段数をベースに、加減速Gの大きさに応じて「プラス●●段」「マイナス○○段」という形で自動調整を行います。 設定できるGの切替ポイントは最大10箇所。加速、減速ともに0.1G~2.0Gの範囲にて0.05G刻みで設定できます。
【Gリニアモード制御例(調整段数モード:32段)】
Gアレンジモードで設定したGの間を自動的に補完し、もともと階段状だった減衰力変化をよりスムーズに繋ぎます。
●車速感応自動調整モード (※別売りのGPSキットが別途必要)
GPSセンサからの速度情報を元に、車速に応じて減衰力を自動制御。設定した車速(最大10メモリ)に達した段階で減衰力を調整する「Sアレンジモード」と、各メモリ間の空白を自動的に補完し、車速に対しリニアに減衰力を調整する「Sリニアモード」を選べます。
例えばストリートでは、低速時は減衰力を低めにし突き上げ感のないソフトな乗り心地、高速時は減衰力を高めにし安定感のあるハンドリングを実現するといった事ができます。また、サーキットでは低速コーナーでオーバーステア気味に、高速コーナーでアンダーステア気味に、といったように速度域によってハンドリング特性を変化させるようなセッティングを行うことが可能となります。
【速度感応制御イメージ】
【Sアレンジモード制御例(調整段数モード:32段)】
車速に応じて好みの段数へ自動調整を行います。設定できる速度の切替ポイントは最大10箇所。0~300km/hまでの範囲にて5km/h刻みで設定できます。
【Sリニアモード制御例(調整段数モード:32段)】
Sアレンジモードで設定した速度の間を自動的に補完し、もともと階段状だった減衰力変化をよりスムーズに繋ぎます。
●加減速G感応+車速感応 統合制御モード(GPSキットが別途必要)
「加減速G感応自動調整モード」と「車速感応自動調整モード」を同時に動作させることで、統合制御を行います。車速感応による自動調整を行いながら、加減速Gの大きさに応じて「プラス●●段」「マイナス○○段」という形で複合的な自動調整を行うことで、様々な走行状況において常に最適な減衰力制御を実現します。
【G+車速感応 統合制御イメージ】
EDFC ACTIVEのスペック
●3種類の調整段数
減衰力調整段数を16段、32段、64段の3種類から選択することができます。テインの減衰力調整式ショックアブソーバは通常16段調整式ですが、32段および64段モードを選択することで、より繊細な調整が可能となり、特に自動調整モードにおいてその威力を発揮します。
●ワイヤレスコントロール
取付配線作業をより手軽にするために、ワイヤレスコントロールを採用しました。モーターを駆動するためのモータードライバユニット~コントローラユニット間をワイヤレス通信化することで、バルクヘッドに配線を通したり、室内に配線を這わせるなどの面倒な作業を簡略化しました。
最新の無線通信技術により、モータードライバユニットには個々に1677万通りのIDを割り振ることで混信の心配は無用です。モータードライバユニットはエンジンルームなど車室外に設置するケースを想定し、防塵性および防水性に優れた構造を採用しました。
【システムイメージ】
●コントローラユニット
Gセンサ、無線送信機をはじめとした様々なメカニズムを、コンパクトなサイズに収めました。
縦22mm×横60mmの大型ディスプレイを採用し、高い視認性を確保しています。
また、コントローラ背面に左右方向および下方向への配線溝を設けることで配線の取り回しをよりスマートに行うことができる構造とし取付自由度を向上。
別売りのGPSキットはワンタッチカプラー接続とすることで手軽なインストールを実現し、面倒な車両側への車速パルス配線を不要としました。
(※)車速表示および動作モードのS(車速感応)モードはオプションのGPSキット装着時のみとなります。
コントローラ背面
●ダイヤル式オペレーション
操作性を重視したダイヤル式オペレーションシステムを採用。基本操作は「ダイヤルを回して数値や項目を選択、押して決定」とし、動作モードや表示の切り替えはダイヤルの上にある2つのボタンで行うことで、直感的かつ簡単な操作方法を実現しました。
●3軸Gセンサ搭載
コントローラ内蔵のGセンサには、任意の角度で設置可能な3軸Gセンサを採用。これによりコントローラを任意の向きおよび角度で設置することができます。
●ディスプレイ輝度自動調整
光センサーで周囲の明るさを感知し、ディスプレイの輝度を自動調整。これにより車両側イルミネーション電源への結線が不要となりました。自動調整機能はON-OFFが可能です。
●ディスプレイのベース輝度調整機能(レベル0~3)
ディスプレイ輝度自動調整時のベースとなる輝度を調整することができます。
レベル0が消灯、レベル1~3が輝度調整となります。
●ディスプレイ視野角切替機能(2パターン)
コントローラ設置場所の傾斜等でディスプレイ文字が見にくい場合等、視野角を切替えることで視認性を確保することができます。
●ブザー音量調整機能(レベル0~3)
「ボタン操作音/ブザー音」と「自動調整時ブザー音」を別々に設定することが可能です。
レベル0が消音、レベル1~3が音量調整となります。
●誤操作防止ロック機能
ボタンとダイヤルの操作をロックし、誤操作を防止することが可能です。
●システム診断機能
ドライバユニットや無線通信の状況を確認できる機能です。ドライバユニットにエラー(断線、ショート)が発生した場合やワイヤレス通信に異常がある場合に、その内容を表示します。
●ディスプレイ色変更機能
デフォルトの4色(ホワイト、グリーン、アンバー、ブルー)に加え、お好みの色に微調整できるユーザーカスタマイズ色をご用意しました。
ホワイト   グリーン
 
アンバー   ブルー
 
カスタマイズ例:イエロー   カスタマイズ例:ピンク
●様々な表示機能
通常の減衰力段数表示(GバーグラフON-OFF可能)の他、G表示(数値+バーグラフ)の表示が可能です。さらに別売りのGPSキット装着により、車速、高度、緯度、経度、トリップメーター、時計の表示が可能となります。
減衰力段数(GバーグラフOFF)   減衰力段数(GバーグラフON)
 
G表示(数値+バーグラフ)   Gピーク値
※Gバーグラフはフルスケール0.3Gと1.0Gを切替可能です。
~GPSキット装着により可能となる表示~
 
車速(ピークホールド付、マイル表示も可)   高度
     
 
緯度(度/度分/度分秒を切替可)   経度(度/度分/度分秒を切替可)
     
 
10個のトリップメーター(マイル表示も可)   時計(UTCからの時差変更式)
●伸/縮別調整ショックアブソーバ (SUPER RACING等) に対応

伸/縮別調整式ショックアブソーバにEDFCを装着する場合、従来は伸び側用/縮み側用の計2個のコントローラを装着する必要がありましたが、EDFC ACTIVEはドライバユニットを追加することにより、一つのコントローラでモーター8個の制御を可能としました。もちろん、ディスプレイには伸び/縮み両方の段数が表示され、それぞれ個別に調整が可能。自動調整を含めすべての機能がそのまま使用できます。
※別途、追加用パーツを必要数お求めください。 詳細はこちら

【システムイメージ】

EDFC ACTIVE 価格表
【コントローラキット/モーターキット】
品名 品番 価格(税抜) 備考
コントローラキット
EDK04-P8021 \32,000 車速感応自動調整およびGPS情報の表示を行う場合は、オプションのGPSキットが必要です。
モーターキット(各サイズ)
EDK05-10100
EDK05-10120
EDK05-10140
EDK05-12120
EDK05-12140
EDK05-14140
\15,500 車種やショックアブソーバの種類により適合する品番が異なります。
【オプションパーツ】
品名 品番 価格(税抜) 備考
GPSキット
EDK07-P8022 \6,600 車速感応自動調整およびGPS情報の表示を行う場合に必要です。
ストラットキット
EDK06-K4474 \3,000 車高調整時の配線巻付きを防止します。
モーターエクステンションキット
EDK08-P8514-10
EDK08-P8514-12
EDK08-P8514-14
\7,600 専用開発のフレキシブルシャフトによって、モーターをショックアブソーバの上部から離れた場所に設置することが可能です。

製品紹介ページはこちら
延長ピストンロッドトップ
受注生産品 \7,000 ピストンロッドトップを延長することで、モーター取付スペースを確保できる車種用に、受注生産にて承ります。モーターエクステンションキットの装着も可能です。

製品紹介ページはこちら
【モータードライバユニットを追加する場合】

EDFC ACTIVEはモータードライバユニットおよび周辺パーツを追加することにより、一つのコントローラで最大8個のモーターを制御可能です。
  • 1個のモータードライバユニットで2個のモーターを制御します。
  • 8個のモーターを制御する場合は、コントローラキットの他にモータードライバユニット2個とそれに応じた周辺パーツの追加が必要となります。詳しくは下記の例をご参照ください。
  • 追加するモータードライバユニット1個につき、電源ケーブル1本が必要です。設置場所に応じてFt用もしくはRr用のいずれかをお求めください。
  • モーターケーブルは、モータードライバユニット~モーターの設置距離に応じてお求めください。モータードライバユニットとモーターは直接接続しても動作します。
  • HEX BOLTは、追加するモーターと同じ数が必要になります。
<例>SUPER RACING(減衰力が伸/縮別調整式)に、EDFC ACTIVEを装着する場合

・EDFC ACTIVE コントローラキット×1  ・モーターキット×2  ・GPSキット×1(車速感応自動調整およびGPS情報の表示を行う場合に必要)  ・ストラットキット×1(フロントがストラットタイプの場合に装着を推奨) ・モータードライバユニット×2  ・モータードライバユニット追加に必要な周辺パーツ一式(電源ケーブルFt用×1、電源ケーブルRr用×1、モーターケーブル×必要数、HEX BOLT×4)

のご購入が必要となります。
【ドライバユニット追加用 / 補修用パーツ】
品名 品番 価格(税抜) 備考
モータードライバユニット
EDC01-P7370 \9,900 1個あたりの価格です。
1個のモータードライバユニットで2個のモーターを制御します。
ドライバユニット用電源ケーブル
Ft用(2m)
EDC01-P8024
\1,300 1本あたりの価格です。
追加するモータードライバユニット1個につき、電源ケーブル1本が必要です。
設置場所に応じてFt用もしくはRr用のいずれかをお求めください。
Rr用(5m)
EDC01-P8025
\1,300
モーターケーブル
EDC01-P8026 \1,300 1本あたりの価格です。
モータードライバユニット~モーターの設置距離に応じてお求めください。
モータードライバユニットとモーターは直接接続しても動作します。
HEX BOLT
SAP44-P8463 \300 1個あたりの価格です。
4個単位での販売となります。
追加するモーターと同じ個数が必要になります。
モーター
M10:
EDC01-K1466-1
M12:
EDC01-K1466-2
M14:
EDC01-K1466-3
\5,500 ゴムカバー付。
電源フィルターユニット
EDC01-P8061 \4,000  
8mmスパナ
SST01-F1126 \500  
付属品キット
EDC02-P8023 \700  
【EDFCシリーズ スペック/機能一覧】
  EDFC ACTIVE PRO EDFC ACTIVE EDFCII
GPSキット装着 GPSキット非装着 GPSキット装着 GPSキット非装着  
基本スペック
ハイレスポンス・ワイヤレスコントロール
(1677万ch)
×
4輪独立調整 × × ×
前後独立調整(左右同調)
調整段数 64/32/16 64/32/16 64/32/16 64/32/16 32/16
プリセットメモリ数 10 10 10 10 3
旋回G感応調整   × × ×
  変化点メモリ数 10×2パターン 10×2パターン × × ×
  プログラミング方法 基準段数からの
相対値指定
基準段数からの
相対値指定
× × ×
加減速G感応調整   ×
  変化点メモリ数 10×2パターン 10×2パターン 10×2パターン 10×2パターン ×
  プログラミング方法 基準段数からの
相対値指定
基準段数からの
相対値指定
基準段数からの
相対値指定
基準段数からの
相対値指定
×
車速感応調整   × ×
  変化点メモリ数 10×2パターン 10×2パターン 10×2パターン × ×
  車速情報の
取得方法
車速パルス/GPS
切替式
車速パルス GPS × ×
  プログラミング方法 基準段数からの
相対値指定
基準段数からの
相対値指定
絶対値指定 × ×
登録可能な最大メモリ数 70 70 50 30 3
外部信号による制御(2系統) × × ×
制御可能モーター数 8個 8個 8個 8個 4個
コントローラサイズ(縦×横×奥行) 40mm×98mm×20mm 40mm×98mm×20mm 40mm×98mm×20mm 40mm×98mm×20mm 26mm×90mm×95mm
ディスプレイサイズ(縦×横) 22mm×60mm 22mm×60mm 22mm×60mm 22mm×60mm 9mm×55mm
各種設定機能
誤操作防止ロック
システム自己診断
ディスプレイ・ボタン照明色変更
(26万色フルカラー)
×
ディスプレイ・ボタン照明輝度調整 消灯+3段階 消灯+3段階 消灯+3段階 消灯+3段階 3段階
  ディマー機能 周囲の明るさに連動
無段階
周囲の明るさに連動
無段階
周囲の明るさに連動
無段階
周囲の明るさに連動
無段階
イルミネーション連動
2段階
ディスプレイ視野角切替 ×
ブザー音量調整 消音+3段階 消音+3段階 消音+3段階 消音+3段階 消音+3段階
原点復帰動作の頻度設定 × × ×
G感応自動調整の開始速度設定 × × ×
各種表示機能      
G表示
(加減速Gと旋回G)
※最大Gメモリ機能付
バーグラフ表示
(最大0.3G/1.0G切替可)
×
数値表示 ×
位置座標(緯度/経度/高度) × × ×
トリップメーター
(10個、kmまたはマイル表示)
× × ×
車速表示(km/hまたはMPH)
※最高速メモリ機能付
× ×
GPS精密時計表示
(GPS未受信時の継続機能付)
× × ×
1台分セット税抜価格 (伸/縮同時調整の場合)    
コントローラキット \52,000 \52,000 \32,000 \32,000 \14,000
モーターキット \15,500 \15,500 \15,500 \15,500 \15,500
GPSキット \6,600 - \6,600 - -
合計価格 \74,100 \67,500 \54,100 \47,500 \29,500
 
一番初めのページに戻ります このページの一番上にもどります
XaCAR 5月号 サーキット編 XaCAR 6月号 ワインディング編