HOME >> 会社案内 >> 事業内容

事業内容

株式会社テイン 社是

3つのキーワードを軸に限りない向上を追求します

セイフティ
各種の試験や徹底した品質管理、またモータースポーツを通じた特性の評価により、製品の安全性を常に向上させています。

ハイクオリティ
部品ではなく、一つの完成した「製品」として、ユーザーニーズを反映させた付加価値の高い製品をいくつものクオリティゲートを経由して、市場に供給し続けます。

リーズナブルプライス
一貫した自社内製造により、嗜好品=高価という概念を打ち砕き、高機能・高品質な製品をリーズナブルな価格で提供していきます。

自動車文化とともに進化しつづけます

ユーザーの価値観が決して一定ではなく、個性的な高品質を求める時代。自動車用品市場もまた急速に伸長しています。純粋に運転する楽しみを求めるユーザー層の増加と、文化として成熟しつつある環境。さらに拡大をしていく自動車用品市場において、確かな品質と個性を持った製品こそが求められているのです。
当社はこの市場傾向を背景として、常にグローバルな視野を持ち、ユーザーの期待に応える総合的なサスペンションの開発を続けて参りました。信頼の技術力をもとにしたOEM供給からスタートし、平成2年からは自社ブランドによる製品展開を開始。スポーツ・ショックアブソーバーを中心として、独自のブランドイメージを築いて参ったと自負しております。
「ドライビングプレジャーを創造する総合サスペンションメーカー」として、当社はさらに高品質、高性能、高精度を追求し、さらなる研鑽を積むとともに、リーズナブルな製品を生み出すために必要なフレキシブルな生産体系を構築してまいります。

クラフトマンシップと高効率プロダクツの融合

一分の妥協も許さない製品作りが私たちの誇りです。そして頑固なだけでなく、より高品質な製品をリーズナブルな価格でお客様に届けるために、先端技術を駆使した高効率プロダクツを融合させることにより、テインでなければ極めることのできないパフォーマンスを生み出してきました。
自動車を運転するたびに出会える感動。
私たちは、ドライビングプレジャーを創造するサスペンション専門メーカーです。

社名の由来 株式会社テイン

私たちは常に最新の技術で最高の製品をリリースしていくという創業当時のポリシーから、「TE」 CHNICAL 「IN」 NOVATION(テクニカル・イノベーション/技術革新)の最初の2文字を組み合わせて、『 TEIN 』と命名いたしました。

ISO9001認証取得

品質管理の国際規格ISO9001の認証を全事業所で取得。
審査登録機間である日本検査キューエイ株式会社(JICQA)の審査により、2002年3月28日付で、認証を取得しました。品質管理及び品質保証体制を強化することにより、更なるお客様要求品質に合わせて品質の向上を図ってまいります。

ピストンロッド傷検査機
ピストンロッド傷検査機
PISTON ROD摺動面の傷検査
テインの独自設計で、PISTON ROD表面の傷を画像処理で検査し、当社の品質基準に基づき有害な傷を自動で判別します。これにより従来の目視検査を廃止しました。
パーティクルカウンター
パーティクルカウンター
ダンパーオイル中の不純物量検査
ダンパーオイルの中にある埃や微粒子をレーザーで計測します。常にオイルの清浄度を監視しています。
サーフテスト検査機
サーフテスト検査機
材料の検査
資材が当社の品質基準に合致した表面粗さになっているかを検査しています。
マイクロビッカース硬さ試験機
マイクロビッカース硬さ試験機
材料の検査
ダイヤモンドの針を当て、くぼみの縦横の長さで硬さを計測します。
ロックウェル硬さ試験機
ロックウェル硬さ試験機
材料の検査
圧力をかけたときの数値で硬さを計測しています。
真円度測定機
真円度測定機
加工品の検査
加工された円が真円に近いかを測定します。
測定投影機
測定投影機
加工品の検査
下から光を当てることで拡大投影し、その輪郭や形状を測定・計測します。
三次元測定機
三次元測定機
加工品の検査
複雑な形状の部品でも正確に測定することができる三次元測定器です。
一番初めのページに戻ります このページの一番上にもどります